自分でできる?

イタチは自分で駆除して良いの?

イタチは鳥獣保護法の対象となるため、捕獲することは法で禁止されています。もし捕獲するとすれば箱罠と、エサとなる鶏肉や魚肉を設置する必要があります。しかし捕獲するには様々な制限があり、自治体への届け出も必要があるため、むやみに手を出すことが出来ません。そのため自分で行う場合は捕獲ではなく追い出しをするということになります。ここでは「追い出し」を「駆除する」という認識で説明していきます。

薬を使用して駆除する

市販の忌避剤や燻煙剤を使用して駆除する方法があります。忌避剤は嫌な臭いを発するため、屋内や屋外で使用が可能です。

忌避剤を設置する場所は侵入経路の穴など、出入りする部分が効果的です。

燻煙剤は煙をたいて追い出す方法なので、屋外よりも屋内のほうが効果を発揮します。煙が充満することでイタチを追い出すことができるので、被害場所の広さに合ったものを選ぶのが良いですね。

市販の薬は効果的?

上記の方法は薬の効果が持続している間は効果的かもしれませんが、一定期間を過ぎれば効果は薄れてきます。

侵入口を塞がなければまた戻ってきてしまう可能性もありますし、何匹かいる場合は追い出しきれずに中に残っているかもしれませんので、薬を使用して終わりではなく、その後の確認作業もしっかり行うことが望ましいですね。

イタチを追い出した後の対応は?

追い出しが完了したら、残っているイタチはいないかを確認しましょう。餓死すると処理などで後々大変です。
光や音に敏感なので、驚かして追い出すこともできるかもしれません。

全ていなくなったと分かったら、侵入口を封鎖します。

その後、被害に合っている場所の清掃、消毒をしっかりと行ってください。糞はダニや病原菌が付着しているので、必ず手袋、マスク、ゴーグルを装着し、体に菌が付いたり吸い込んだりするのを防ぎましょう。

侵入口を塞ぐには何が必要?

イタチの侵入口は3センチからととても小さいです。また小柄でありながら力が強いため、目の細かい、出来れば金属製の網などを使用し、テープで何重にも固定して侵入口を塞ぎましょう。

侵入口は一か所とは限らないので、疑わしい隙間はすべて塞ぐ必要があります。

追い出しは市販の薬以外でも出来るの?

市販の薬に比べると効果は期待できませんが、薬を買いに行く時間がない場合などは、家にあるもので追い出しを行うことも可能です。

蚊取り線香

火を使用するので大変危険ですが、イタチの追い出しに使用できるようです。

CD盤をぶらさげる

対策の一つとして効果はあるようですが、イタチが慣れてしまえばすぐに意味がなくなってしまうようです。

漂白剤、お酢

家にあるので手軽に試せますね。お酢は臭いが薄いので、多く散布する必要があります。

木酢液、クレゾール石鹸液

クレゾール石鹸液は臭いが強いので、薄める必要があります。

自分で試すのであれば、衛生面に気を付けて

市販の薬や家にあるもので追い出すことも可能かもしれませんが、イタチにはダニやノミ、病原菌が沢山。健康に被害が及ばないよう、マスクや手袋、ゴーグルを使用することはもちろんのこと、使用するものも業務用のしっかりとしたものを準備したほうが安心ですね。

24時間365日&最短当日対応! 名古屋のイタチ駆除会社3選
イタチ駆除ザウルス
費用
8,800
円~
害獣駆除110番
費用
14,800
円~
ムシプロテック
費用
15,000
円~

※イタチ駆除の料金は被害状況や施工内容によって変わります