駆除に使用する薬って何?

イタチは光、音などに敏感で、臭いに弱いという特徴があります。

そのため駆除に使用する薬は「忌避剤」と言って、イタチにとって嫌な臭いを発するものを設置するか、「燻煙剤」を使用して煙をたくことで追い出す方法が挙げられます。

光や音は、イタチがびっくりして逃げるきっかけにはなりますが、駆除という面ではあまり効果的ではないのかなと思います。

忌避剤の使用方法とは?

忌避剤は設置するものになるので、屋内、屋外どちらでも効果を発揮します。

特に侵入経路付近などに置くと近づかなくなるので、薬が効く一定期間は安心できますね。

忌避剤は市販でも手に入りますし、自分で手軽に設置することが出来ます。侵入経路が分かっている場合や、自分で対応することが可能な場所なのであれば試してみるのも良いかもしれませんね。

燻煙剤の使用方法とは?

燻煙剤は煙をたくものになるので、屋外よりも屋内での使用が適しています。煙が全体に行き渡ることで効果を発揮するので、使用する場所の広さに合ったものを選ぶのが良いですね。噴出力の強さなども商品によって様々です。

こちらも市販で手に入れることが出来るので、被害場所が明確であれば試してみても良いかもしれませんね。

業者に依頼するのと何が違うの?

業者に依頼した場合も薬を散布する駆除方法となる場合がありますが、業者の方は家の状態や被害の状態、イタチの数など様々な面から状況を調査し、それに合った薬で駆除作業を行います。

飲食店なので衛生面が気になるといった場合や、子供やペットがいるため健康面が気になるといった相談にも乗ってもらえたりするので、駆除効果以外にも引っかかる部分がある方は業者に相談するのが確かかもしれません。

自分で試した場合の効果は?

市販の薬を使用して駆除することは手軽にできそうなイメージですが、イタチはダニや病原菌などの寄生虫がついており、むやみに近づくことで健康面にも被害が及ぶかもしれません。

また、一度は追い出すことが出来ても侵入経路が塞がれていなければ戻ってきてしまう可能性がありますし、効果がずっと続くわけでもありません。被害の規模にもよりますが、いったん応急処置として対応するといった形で試してみるのが良いかもしれませんね。

消臭や殺菌、追い出しもしっかり行いたいなら

駆除作業は自分で市販の薬を使用し、試すことが出来るとご紹介しました。

ただ、イタチは獣臭が強烈で、自分で追い出しから消臭まで行っても臭いが取れないといった別の悩みが出てくる可能性もあります。

業者に依頼した場合は施工や掃除などもしっかり対応してもらえるので、衛生面の不安も解消されます。今回紹介した方法を試してみるのも良いかもしれませんが、確かな効果やその他の被害が気になる方は、速やかに駆除業者にお願いするのが良いかもしれませんね。

24時間365日&最短当日対応! 名古屋のイタチ駆除会社3選
イタチ駆除ザウルス
費用
8,800
円~
害獣駆除110番
費用
14,800
円~
ムシプロテック
費用
15,000
円~

※イタチ駆除の料金は被害状況や施工内容によって変わります