捕獲

イタチを自分で捕獲できる?

最初に言っておきますと、イタチを捕獲することは法律で禁止されています。

それは「鳥獣保護法」にイタチが含まれているためです。ただ、メスかオスかによって対応が少し変わってきます。

「鳥獣保護法」とは、生物の多様性の確保、狩猟の適正化を行うことで生物の環境の安全を保ち、それが自然環境全体を保護することに役立つとされることから定められている法律です。

メスとオスで何が違うの?

イタチのメスの場合、鳥獣保護法の規定で捕獲、駆除は期間に関係なく行うことが出来ません。

オスのイタチの場合、または子供のイタチの場合は鳥獣保護法の対象とはなりますが、市区町村への許可を取れば行える可能性があります。その場合は一定の期間が設けられていたり、免許が必要であったり、市区町村によって様々な規定があり、また、捕獲する方法によっても変わってきます。詳しくは地元の自治体に相談するのが確かですが、素人のわたしたちがむやみに行動を起こすのは難しいですね。

イタチ駆除とイタチ捕獲の違いは?

捕獲の場合はイタチを罠にかけて捕まえるというイメージですが、駆除はイタチを特に捕まえたりはせずに追い出すというイメージです。追い出すだけであれば自分たちで行動を起こすことも可能ですが、一定の効果はあっても、しばらく時間が経つとまた戻ってきたりする可能性があり、危険性もあるため、リスクがあるということを踏まえてくださいね。

イタチの捕獲はどう行われるの?

一般的には箱罠が使用されます。イタチの通り道になるような場所やエサ場になるような場所に箱罠を設置し、中にエサを入れておくと捕まえることができます。エサは鶏肉や魚肉などが良いようです。エサを罠にしっかりと固定し、罠での滞在時間を長くすることで成功率は上がります。一定期間置いても効果がない場合は設置場所を変更するなどで対応します。一度失敗するとイタチも学習し、警戒し始めます。捕獲後の対応も速やかに行えるよう、1日に数回チェックしたほうが良いですね。

確実に捕獲、駆除するために

イタチはオスとメスの見分け方も難しく、捕獲するにも様々なフローを確認する必要があるので、どうしても捕獲したい場合は捕獲まで対応している駆除業者にお願いするのが良いかもしれませんね。追い出しは自分でも試すことはできるかもしれませんが、確実にイタチ被害から解放されるには、追い出し後の処置も大切ですので、やはりこちらも業者にお願いするのが一番安心かもしれません。様々な駆除業者があるので、依頼する際は料金や対応方法など調べ、検討してみてください。

24時間365日&最短当日対応! 名古屋のイタチ駆除会社3選
イタチ駆除ザウルス
費用
8,800
円~
害獣駆除110番
費用
14,800
円~
ムシプロテック
費用
15,000
円~

※イタチ駆除の料金は被害状況や施工内容によって変わります