屋根裏

走り回ることで起こる騒音被害

イタチは夜行性です。私たちが寝静まったあとに活動を始めることもあり、その場合は騒音がより響き渡り、睡眠不足に悩まされる方もいるようです。

イタチの体長は30センチから60センチ程度で、重さは100グラムから700グラム程度あるようです。一番大きいと言われているドブネズミが体長30センチと言われていますが、それよりも大きな足音が響き渡る可能性があるので恐ろしいですよね。

鳴き声が聞こえると更に迷惑

イタチの鳴き声は甲高く高音です。「キーキー」「キキキキ」といったような小刻みな音を発します。通常の鳴き声と威嚇しているときの鳴き声で少し違ってくるようですが、威嚇しているときは肛門付近から悪臭を放つ特徴もあるため、威嚇しているような鳴き声が聞こえてきたらさらに注意が必要です。夜にこのような鳴き声が聞こえてくると不気味ですよね。

断熱材を荒らし、巣を作る

断熱材があると程よい保湿性もあるので、生活するのにはうってつけです。

断熱材を食いちぎって巣を作り、そこに糞や尿をし始めるので、断熱材の効果が無くなるに加え、糞や尿の強烈なにおいに悩まされるようになります。

さらに肛門付近には臭腺があり、その臭いは家全体に充満するほど強烈なものとのこと。

イタチは糞や尿を同じ場所で行う習性があるので、糞尿を繰り返されることによってシミの跡が残ったり、天井が腐ったりしてしまうこともあるようです。

エサとなる生物の死骸が溜まる

イタチは果実も食べますし、昆虫やカエル、ネズミなどの生物も食べます。どちらかというと肉食なので、糞や尿の臭いが強烈なのはそのせいかもしれません。

捕食したエサの残骸が残されると、それがまた異臭を放ちはじめます。衛生面でも非常に心配ですし、それが私たちの健康被害にまで及ぶかもしれません。何より、屋根裏に得体のしれない生き物の死骸や糞が蓄積されていくなんて我慢できないですね。

被害が深刻になる前に

音がうるさいから、臭いがしてきただけだからと最初は我慢していても、イタチ事態にもダニや病原菌が付着していますし、そのイタチが住み着くことでどんどん不衛生になっていきます。ペットや子供がいる場合は特に心配ですね。

板を腐らせたり、臭いが染みついたりすることで家の資産価値が下がることも考えられます。
このような被害が拡大する前に、適切に処置することが大切ですね。

24時間365日&最短当日対応! 名古屋のイタチ駆除会社3選
イタチ駆除ザウルス
費用
8,800
円~
害獣駆除110番
費用
14,800
円~
ムシプロテック
費用
15,000
円~

※イタチ駆除の料金は被害状況や施工内容によって変わります